動的IP対策をするぞ!

注意

クソ真面目記事過ぎてつまらん(笑)

なんか

俺の家はグローバルIPが固定ではないので、時間が経つと勝手に変わります。←うんこ。
「お前のサイト落ちてるぞ」と言われない様に対策をしていきましょう。

※DDNSという言葉は理解していないので使いません。
こことかここを参考にしました。ウルチメイト感謝合掌。

なんか

CloudFlareを使っている皆さん、おめでとうございます!当選です。海外の人がシェルスクリプト作ってくれています。
それを使って対応させていきましょう。

なんか

1

まずはここに行きましてスクリプヨを落としていきます。
今回は環境がIPv4なので cfupdater-v4 というファイルを落とすか中身を🌷ポピー🌷して適当な場所に保存します。

2

中を見ると書き換えが必要な部分があります故、書き換えていきます。

8行目[auth_email=" ここにCloudFlareに登録してあるメールを入力 “]

9行目[auth_key=” ここにドメインのグローバルAPIを入力(管理ページを開き、概要☛APIからAPIトークンを取得☛Global API Keyを表示) “]

20行目[zone_identifier=” ここにゾーンIDを入力(管理ページを開き、概要☛APIからゾーンID) “]

21行目[record_name=” 対策をするIPと紐づいたドメイン(俺の場合はkitazawa.me) “]

ここまで変更したらCTRL+Sを100回くらい連打し、閉じます。
(注意!👆この工程👆を必ず行ってください。これを行わないと失敗します。)

3

ターミナルを使い作成したファイルのある場所へ行き、 ./ほにゃほにゃ.sh で実行!

4

結果
失 敗 ! w

なんか

い か が で し た か ❓

なんか

なぜかできません、なんてこったい。

CloudFlareに設定されているIPの取得ができていないみたいなので、APIが間違っているのかと思い、書き直しましたが変わらず。
内緒でスクリプトをコショコショしてみると、 "code":9106,"message":"Missing X-Auth-Key, X-Auth-Email or Authorization headers" とか Authorization: Bearer xxxx-xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx というエラーが出ていました。

なるほどなるほど、わかってしまいましたよ、と。

恐らくここが引っかかっているのでしょうと。

とりあえず中身を消してみましょうか。

グオー、出来たぞー!

おわりに

白背景に緑文字はクソ見づらい❕
というか文章自体が読みづらい❕

Built with Hugo
テーマ StackJimmy によって設計されています。